読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『エベレスト』

先日、『エベレスト』 という映画を見た。

 

1996年の遭難事故を題材にしたノンフィクション映画

その日の登山で8人もの登山家が亡くなったという悲惨な事故だったみたい

 

 

主役となるのは、商業登山隊と言われる、登山のプロがアマチュアをガイドしながら山に登るチームである。

 

まず、この商業登山隊が登っているのだ ということがわからないと、序盤~中盤の会話シーンが「???」となるに違いない。

僕と嫁とは見事に「???」に陥ってしまった。

 

映画序盤に簡単に説明のような描写はあったのだが、白人俳優の顔の見分けが全然つかなく、

わからないままに登山が始まってしまった。

  

事前にwikipediaなどで1996年の遭難事件のことについて調べてから鑑賞すれば、この「???」も発生しないかもしれない。

 

 

また、商業登山隊が増えたことにより、エベレストに登る人がものすごく増えたみたい。

そのため、登山道の中でも、クレバスを渡る箇所、道がとても狭い箇所は渋滞が発生するようだ。

その問題は、2016年の今となっても発生しているみたい。

 

そんなこんなで、複数の商業登山隊の、ガイドとシェルパ(ヒマラヤに住んでいるネパールの先住民族)とアマチュア登山家が頑張ってエベレストに登頂し、非常に残念ながら遭難してしまうという映画。

 

 

1996年だから、2016年現在からちょうど20年前で、

僕は今年の9月で29歳になったので、その頃は8歳、小学校3年生だった。

 

そして小学校3年生のときにネパールに家族旅行をしていた!

 

全然知らなかった!!

 

ネパールについて覚えていることも別で書いてみようかな。