読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社に行けなくなった理由

会社に行けなくなった理由

なぜいけなくなったのかを考えてみた。

 

①伝わらない、会話

 

今の現場に配属されて、約半年程度。

直属の上司が、もうだいぶ高齢なのだけれど、その上司とのコミュニケーションが本当にうまく取れない。

自分が言うことがまぁとにかく伝わらないし、相手の説明もわからない。

自分の想定だと5分程度で終わるはずの内容の会話が、30分程度かかる。

 

この6年間、相手にどう話せば伝わるかというのは常に考えて仕事をしてきたつもりだし、ここ最近はだいぶ伝わるようになってきたと思っていた。

その自信が打ち崩された。

 

もうね、話してもなかなーか伝わらないんだろうな、なんて思うと、なんとなく話すのが面倒くさくなってしまうもので。

どうせなかなか伝わらないからと、ただでさえコミュニケーションがあまりとれていないのに、更に会話が減っていき、どんどん意思疎通ができなくなっていく負のスパイラルに陥る。

 

②細かすぎる客

 

ここで「客」と言っても、一般的な消費者じゃなくて、一緒に働いている人。

日本のIT会社は多重な階層構造を作っていて、うちの会社は一次請けから仕事をもらっている立場。

まぁ、客もIT系ですぐそこの机で似たような仕事をしているイメージ。

 

そんな客が、あほみたいに細かいことにこだわる。それ故に、なかなか物事が進まない。

成果物をレビューしてもらっても、ちょっとした書き方にいちいち突っかかってきて、①の話の伝わらない上司がわけのわからないことを言って、話が無限に長くなる。

 

 ③ゴミくずなプロジェクト

 

・全体的にプロジェクトの進め方が不明確

・今回、新領域を担当し始めたにもかかわらず、現行チームからの引継ぎ1時間(頭おかしい)

・ちゃんとした設計書がない。設計書を見ても設計内容がまるでわからない。

・ソースがまさにスパゲッティ状態。こんなのに手を入れてバグらないわけない

 

 

ざっと、この辺の理由でストレスを感じていたと思う。

後は、メンバーの関係性もはっきりいってイマイチ。。。

関係改善はもうちょっとうまくできたんじゃないかな

リーダーやそれぞれのメンバーには非常に申し訳なく感じています。